会社概要
企業理念
沿革
採用情報
所在地
お問い合せ
ハンター製菓 沿革
沿革
ハンター製菓 チョコレート Chocolate1
ハンター製菓 チョコレート Chocolate2
ハンター製菓 チョコレート Chocolate3
ハンター製菓 チョコレート Chocolate4
大正3年
創業者 柳澤幸恵が東京で菓子卸業を始める。
大正8年
東京府三味線堀際で菓子問屋を開店。
同時に市場があった道潅山下と黒門町に支店を開設。
大正12年
関東大震災により三味線堀本店、黒門支店を焼失。
卸売りをやめ、小売りに専念する。
昭和11年
浅草北松山町に移り、焼菓子の製造に着手。
昭和12年
入谷の市場に出店する。
昭和13年
原料が配給制となる。東京都の指定工場になり、焼き菓子を製造。
その後、戦時色が強まり、原料の入手が困難になったことから、製造を一時停止する。
昭和22年
徐々に原料が入手できるようになり、グリコース飴でキャンディの他、羊羹、チョコレート、さらにヌガーを製造する。
このヌガーが特に好評で、商品を「ハンター」と命名する。
ハンター製菓 チョコレートPhoto5
昭和23年
ハンター食品合資会社を東京都千代田区三崎町3-6-14に設立し、工場も併設する。
この時から、牛のマークを標に定める。
昭和24年
東京都指定工場となり、配給用キャンディの製造を始める。
これに伴い、工場を増設する。
昭和32年
ハンター食品合資会社から「ハンター製菓株式会社」に社名を変更し組織を改める。同時に、創業者 柳澤幸恵から柳澤謙治がバトンを受け継ぎ、社長に就任する。社業は、チョコレート市場の拡大に伴い本社工場をさらに増設。また、チョコレート組合にも加盟して、チョコレートに製品を一本化する。
ハンター製菓 チョコレートPhoto6
昭和49年
業様の拡大に伴い、東京都江戸川区平井に「平井工場」を建設、移転する。
昭和62年
東京都千代田区三崎町の本社工場跡地に、7階建ての貸ビル「第2ハンタービル」を建設する。
平成元年
高級チョコレートの販売直営会社として「株式会社メサージュ・ド・ローズ」を設立。代官山に直営店を開店するとともにインターネットでの販売も開始する。
平成7年
直営店メサージュ・ド・ローズを京橋に移転する。
平成14年
OEM供給などの拡大する需要に応えるため、静岡県焼津市に最新の設備を備えた「大井川工場」を建設し、稼働を開始する。
平成16年
平井工場を大井川工場に全面移転し、工場機能を一本化する。
平成21年
直営店メサージュ・ド・ローズを銀座に移転する。
平成24年
創業100年に際し拡張の為、新事務所に移転する。
直営店メサージュ・ド・ローズ本店をニューオータニ サンローゼ赤坂に移転する。
平成28年
業務拡張の為、京都市下京区へ西日本営業部を開設する。
メサージュ・ド・ローズ ベルローズ インターネット販売を開始。業務拡張の為、新川へアトリエを開設し、メサージュ・ド・ローズ部門を移転する。